千葉県 市川市 本八幡 美容室 デジタルパーマ

千葉県 市川市 本八幡 美容室 デジタルパーマ
千葉県 市川市 本八幡 美容室 デジタルパーマ
トリートメント
反応型縮毛矯正
ラメラメデジタルパーマ
パーマ・カラー
アップ・着付
NEW!炭酸ヘッドスパ
千葉県 市川市 本八幡 美容室 デジタルパーマ
NEW!アクティブラメトリートメント
弱酸性パーマ
お得クーポン
アップ・着付けお得クーポン
店販商品割引実施中
プチ矯正
千葉県 市川市 本八幡 美容室 デジタルパーマ
スタッフ紹介
プライス表
カット/カラー/デジPモデル/縮毛矯正モデル募集中
ギャラリー
本八幡北口店 Ciao!
Chic ブログ
千葉県 市川市 本八幡 美容室 デジタルパーマ
お問い合わせ・アンケート
コンセプト・アクセス
MEMBER様 お得割引
就職・求人
ホームケア用ラメラメ1の使い方
よくある質問
千葉県 市川市 本八幡 美容室 デジタルパーマ
                                    縮毛矯正

 
 
  ハホニコ・トリートメント縮毛矯正
毛髪科学を元に髪質に合わせ4種類のパーマ剤・20種類以上のトリートメントを調合。
また、施術中、常に毛流に沿った作業と最新ブローアイロン技法などきめ細かい方法により、
今までにない自然で「ツルツル」した髪に創りかえていく反応型の最新縮毛矯正です。
もちろん髪が生まれたままの最良の健康状態を造り上げますので仕上がりも自然です

 
 
 
 詳しくはこちらを>>クリック

今までの縮毛矯正と何が違うの?

前・中・後 栄養補給剤の充実
■前処理
髪質、ダメージ具合によってトリートメントを選び、毛先から根元まで均一な本来持っているコンディションにする。
■中間処理
1剤で疲れた髪に、前処理と同じようにトリートメント剤を補充。さらに質感を強調する。
また、キューティクルの欠損毛などは、強度アップのシリル化PPTで強度アップし、甲殻系の補修剤で外部補修する。
■後処理
栄養補給の他、アルカリなど残留物質を除去し、施術アフターでのパサツキを抑制する。

パーマ剤にまるごとトリートメント剤が入っている。
好評ラメラメトリートメントが半分まるごと入っている。また頑丈な縮毛に適応チオグリコールタイプと、コンディショニング効果が強く柔らかい仕上がりのシスティーンタイプがあり、クセの強さ、ダメージ度、仕上がりの髪質によって選択。また新たに微アルカリタイプも2種加わりダメージ・クセによって注入量を調整し、より細かく髪質、伸びをコントロールできるようになりました。

ラメラメトリートメントプライス表はこちら>>

ブローアイロン技法の採用
毛髪の結合の理論から、濡れているうちにクセを伸ばさなければならない。また、通常のアイロンだけだと髪が平らに潰れてしまうが、ブローアイロン技法だと、毛髪の断面が丸のままクセを伸ばせ、
それが全体的に自然な仕上がりにつながります。またブローアイロンによってクセが伸びやすくなった分、毛髪へのパーマ剤浸透を少なくてすみ、ダメージを最小限に止められるようになりました。

 
※前髪矯正、前髪矯正(顔周り)、矯正+グロスカラー、矯正+デジタルパーマ、矯正+毛先カール(クセを伸ばしながら毛先に動きがでるように)などのメニューもございます。詳しくはお問い合わせ下さい。
 
矯正プライス表はこちら>>

◎ハホニコ矯正の施術例                                                                          
 
                                                   
クセはあまり強くないが後頭部あたりと顔周りのみ強いくせがある。
また、以前矯正した毛先にクセのもどりがある。軟毛なので矯正すると
頭頂部のボリュームがなくなるのがイヤだ。
カラーは3ヶ月位前、矯正は半年前に施術。


@スタイルのカウンセリングとパーマなどの毛髪の施術履歴の確認、キューティクルを触診(薬剤選定に重要)しダメージ具合の確認。

A【高濃度イオン水】を塗布し、薬剤からのダメージ防止と薬剤を素早く浸透させるベース作り。原子レベルの電子バランスを安定。

Bまず毛髪のベースとなる【ケラチン低分子〜高分子】を多めに塗布しハリ・コシを強化。パサツキを抑える【コラーゲン】・【セラミド】、特にボリュームを落とさないでシットリさせる【シルク】を多めに。

Cウェーブなど作るのに起因するのマトリックス構造をもつ、【アルキル化非結晶ケラチン】を軟毛なので多めに塗布。

D薬剤は襟足から後頭部は髪がしっかりしているので、【チオD、チオ(酸性)@、高濃度イオン水@、PHの変化によって固まるケラチン(1万分子)を@】を塗布。
 その他はボリュームを失わないようなるべく弱い薬剤を調合、【チオA、チオ(酸性)@、高濃度イオン水@、ケラチン(1万分子)を@】。

Eクセの強い所はDの薬剤では弱いかもしれないので、念の為、【尿素入りケラチン】よって毛髪のタンパク質をやわらかくして、よりパーマ液が入るようにする。顔周りはクセが強くてもすぐのびやすので、この尿素をたっぷりつけて弱めの薬で施術する。

FDの薬剤・2種を根元の矯正してない所に、出来上がりのボリュームを考えて「後ろ」と「サイド・頭頂部」に分けて毛流にそって塗布し時間をおく。

G80%位反応したら、既矯正毛の中間・毛先に、【高濃度イオン水】を塗布し、【チオD、チオ(酸性)C、高濃度イオン水A、ケラチン10000分子@】を塗布

H毛先まで軽く反応したら軽く流して、【ヒアルロン酸入り内部補修トリートメント】+【フッ素コートの外部補修トリートメント】をつけて流す。

I「A」「B」「C」を中間処理として塗布した後、毛先を中心に強度アップの為、【ヒートシルク】を塗布。入れたトリートメントを逃がさないように【外部コーティングのキトサン】を塗布。さらにアイロンの熱から守る為16種類の入ったオイルをつける。

J乾いて水素結合がくっついてしまう前に、濡れているうちから素早く、頭皮に直角にブローアイロン。特にトップはボリュームがでるように。

Kブローアイロンでクセが伸びたら、アイロンで軽く熱をいれていく。この時、毛先は過敏になっているのでアイロンにクッションを蒔きつけ髪に直接アイロンのプレートが当らないようにする。

L素早く2液塗布【キトサンを10%添加】

M2液を流した後、【タンパク変性を起こさないシャンプー剤】で洗う。

N【アルカリ除去・過水除去剤】塗布(髪に残っている薬剤を中和し、施術後のパサツキとカラーの褪色防止)し少し時間をおいて流す。

O【ヒアルロン酸入り内部補修トリートメント】+【フッ素コートの外部補修トリートメント】をつけて流す。

P仕上げにホホバオイルなどが入った洗い流さないトリートメントを塗布し、ドライ・セットする。

文章
仕上がりはツルツル・ピカピカ!!
まったく新しい考えの矯正を是非体験してください。

縮毛矯正の流れ
毛髪診断。
キューティクルを触診し、ダメージレベルを確認それにあった、トリートメント・薬剤を選定し調合。

流れ2
毛髪に足りない栄養分を種類だけでなく、粒の大きさもコントロールし適材適所で補充。

流れ3
ラメラメトリートメント入り矯正剤・1剤塗布。自然な根元の立ち上がりの為、毛流にそって塗布。これにより根元ギリギリで1剤塗布できる⇒持ちがいい

流れ4
1液を流し、さらにヒアルロン酸などの栄養分とフッ素を主成分とした艶出しの2つのトリートメントを補給。

流れ5
もう一度、毛髪に足りない栄養分を種類だけでなく、粒の大きさもコントロールし適材適所で補充。髪を熱から守るオイル塗布。さらに毛先などハイダメージ部でバリアー効果のキューティクルがない場合は擬似キューティクルとなるキトサンを塗布。

流れ6
アイロンだけだと、髪が平たくつぶれてしまうので、不自然な仕上がりになりやすい。だからブラシで挟みドライアーで熱を与える。水が抜けていくと縮まろうとする力で無理なく伸ばしていきます。


流れ7
アイロン施術をしますが、伸ばすという作業ではなく、髪に熱を与え熱酸化させ髪を元の弱酸性値に近い状態に近づけます。また擬似キューティクルを固定化させます。

流れ8
2剤を塗布。髪を酸性値に戻します。髪にとっていらなくなった残留アルカリなどをとり中和さらにタンパク変性を起こさないアミノ酸系シャンプーでクレンジング。

流れ9
さらにヒアルロン酸などの栄養分とフッ素を主成分とした艶出しの2つのトリートメントを補給。

流れ10
ヒーティングオイルをつけてドライ。
メッシュが入った髪でも、この仕上り

COPYRIGHT(C)2006 Hair chic ALL RIGHTS RESERVED.